【time spot キッズオアシス】対話による美術鑑賞「アートみるみる」

子どもたちは終業式の後2度目の週末を迎えますね。
まだまだ始まったばかりの夏休みですが、宿題の進み具合はどうですか?
7月、毎日充実して夏休みを過ごしていると…。
8月がやってきて。するとあっという間に日が過ぎて…。「まずい!あと〇日しかない!」ってなるのは我が家だけでしょうか(笑)?



宿題でてこずるのは「読書感想文」と「自由研究」かな?
なかなか子ども一人でやり遂げるのは難しいのかもしれません。

そんな悩みも解決しちゃうのがtime spotのキッズオアシス。

様々なワークショップをご用意してお待ちしていますが、今日ご紹介するのは
【対話による美術鑑賞 アートみるみる】

これは小学生向けの対話型鑑賞で、ファシリテーターと一緒に作品をよく鑑賞し、そこから対話すことで作品の奥深さを知り、絵画を見る楽しさを知るきっかけを作ります。繰り返しおこなうことで絵画の見方だけでなく日常生活でのよく見て言葉にする力や想像力を広げる力、対話する力を育む3日間連続の講座となっています。

アートを見るって難しいと感じませんか?アートコミュニケータと一緒なら大丈夫!難しくはありません。ゲームを交えアートを鑑賞し、たくさんおしゃべりすることで、絵画の見方だけでなく想像力を広げる力や対話する力を楽しみながら学びます。またじっくり見て作品を研究することで夏休みの調べ学習にもなります。

3日間のうち、2日目は美術館へ出かけ本物の作品を鑑賞することで本物のコレクションを知る体験とともに鑑賞するマナーを学びます。(集合解散はtime spot)

3日間のscheduleは下記の通り

1日目:全体の概要説明、美術館でのマナーを知る、鑑賞する作品を事前に知る。
2日目:美術館での作品鑑賞
3日目:美術館での鑑賞のふりかえり、鑑賞シート(レポート)づくり

※美術館は国立西洋美術館常設展を想定していますが、変更になる場合もあります。
※当日参加者の様子によりタイムスケジュールや内容を変更する場合がありますご了承ください。
参加費は3日間で8000円(教材費込み、美術館までの交通費別)

参加希望の方はFacebookのメッセージからか、
info@timespot.biz
または
03 6906 8803
まで

子どもの居場所問題解決プロジェクト【キッズ オアシス】|time spot

2018.07.27
The following two tabs change content below.
高島平で「time spot」という無限の可能性がある秘密基地!運営しています(笑)。 この地域に45年を超え発行されている“高島平新聞”で記者を5年。その経験の中でこの街のヒトとヒトの繋がり、オモシロゴトの発掘・企画に興味がわいてきました。そして、2015年から始まった「高島平マルシェ」にも実行委員として携わっています。でも、普段は普通のおかあさん。この街で子どもたちを育てています。現在は子どもたちにとってここが“大好きな地元”になるための小さな活動をはじめています。それって親世代の我々がこの街での暮らしを楽しむことでもあります。きっと子どもたちにも波及していくはず!

この記事をシェアするボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。