9/22~10/20👂聞いて🚶‍♂️歩いて🎨描いて🥤飲んで🍱食べて楽しむ【いたばしものがたり第三話「板橋宿ものがたり」】

いたばしものがたり〔第三話〕板橋宿ものがたり

いたばしものがたり〔第三話〕「板橋宿ものがたり」

「いたばしものがたり」は「板橋のまちの歴史を聞いて、歩いて、描いて、飲んで食べて楽しむ」をコンセプトに昨年9月にスタートした地域振興プロジェクトです。

第1弾は2018年9月に「縁切榎」、第2弾は今年4月に「近藤勇の最期」をテーマに開催。第2弾はアンコールの声に応えて、追加講演を合わせて6月にも再度実施しました。

今回の第3弾はこれまでの振り返りも兼ねて、中山道(現在の旧中山道)第1の宿場町・板橋宿(いたばししゅく)をテーマに、期間中にさまざまなイベントを複数の会場で、飲食店や公共施設の協力も得て展開する運びとなりました。

「板橋宿」って何?

江戸時代初期から日本橋を起点に徳川幕府が整備した五街道の一つ、中山道69次のうち日本橋からの道中第1の宿場町として設置されたのが「板橋宿」です。

日本橋側から平尾宿(下宿)、中宿、上宿の3つの宿場で構成され、それぞれ現在の板橋1~3丁目、仲宿、板橋本町が該当しています。板橋宿の町中を石神井川に架かった橋「板橋」を渡って縦断する旧中山道の道幅は、江戸時代当時とほぼ同じなのだとか。

江戸時代後期には「江戸四宿(ししゅく)」の一つとして賑わいを見せた板橋宿ですが、明治16年の鉄道敷設や、翌17年の大火などで宿場町として存亡の危機に立たされたこともありました。

今回は「縁切榎」や「近藤勇」の話ばかりでなく、宿場町としての衰退から再興、大正時代から昭和初期にかけてスラム化していた話など、普段聞くことのできない貴重な“まちの歴史”をご紹介します。

歴史ファンばかりでなく、そもそも小難しい歴史の話は苦手という方も、低学年児童も楽しめる企画を用意し、多くの方々に「まちの歴史」を楽しんでもらえたらと考えています。

大まかなスケジュール

9月21日・※ 22日・23日の3日間は、廃校になった小学校を活用した施設「いたばし総合ボランティアセンター」を会場に、「板橋宿と縁切榎」を題材に史跡巡りあり、歴史講座あり、紙芝居にアート系ワークショップありのプレイベントを実施します。
※台風の影響による天候に配慮して10/19(土)に順延

9月29日は、今月リニューアルOPENした明治28年創業の老舗鶏肉販売店「鳥新」の板橋本店で鶏肉弁当付きの歴史講座を開催。

10月6日には、“2児を育てる現役ママ”初の真打ち昇進から3年目を迎えた落語家・柳亭こみちさんが、幕末から明治時代にかけて活躍した伝説の落語家・三遊亭圓朝が作った落語「縁切榎」などの噺を披露する落語会も行います。

そのほか、10月14日・19日・20日にも、太宰治や新選組、飲食店とコラボする関連イベントを開催予定です。

 


 9月21日(土) 10月19日(土)開催に順延
歴史ウォーク「板橋宿散歩 近藤勇や縁切榎ゆかりの地を巡る」+長寿庵で名物・榎そばを食べる会


氷川町・氷川神社内の富士塚

日時

2019年9月21日(土) 10月19日(土)開催に順延
12:50集合・13:00出発、15:00頃食事会※16:00過ぎ解散予定
※雨天決行、荒天の場合は当日11:00までに開催可否を主催側から連絡

まちの案内人

葛城 明彦(歴史研究家・作家)

集合場所

JR板橋駅東口 駅前広場
東京都北区滝野川7-4

参加費

500円+飲食代 ※9月22日の歴史講座参加者は飲食代のみ
※資料代含む
※榎そば830円
(そばアレルギーの方は、うどんや丼物なども注文可)

食事会は15時~となるため、遅めの朝食、または早めの昼食をとっていただくなどご調整ください。

 


9月22日(日)
歴史講座「旧中山道・板橋宿と縁切榎」


日時

2019年9月22日(日)
13:00開場・13:30開演
※16:00頃終了予定
※翌日のワークショップ「みんなでつくる!!えんきり絵の木」のプレ体験会あり

まちの案内人

葛城 明彦(歴史研究家・作家)

集合場所

いたばし総合ボランティアセンター1階 第1ルーム
東京都板橋区本町24-1

参加費

500円
※資料代含む

 


9月23日(月・祝)
ダイバーシティウォールパズルアート「みんなでつくる!!えんきり絵の木」+紙芝居


日時:

2019年9月23日(月・祝)
11:00~16:00開場、紙芝居は11:30~と14:00~の2回上演
※入退場自由、軽食の持ち込み可

まちの案内人(ワークショップ講師)

猫沢 八郎(アート作家、ワークショップ講師)
安田 操(木綿の会代表)

集合場所

いたばし総合ボランティアセンター3階 第4ルーム
東京都板橋区本町24-1

参加費

無料

子どもだけでなく、中学生~大人、ご年配の方々の参加も大歓迎!

カラフルで大きなオリジナルの、縁切榎ならぬ「えんきり絵の木」のパーツを作成し、最終的に完成した作品を10月14日~20日に東板橋図書館内で展示します。

以降のイベント詳細や続報については、下記でチェックしてください! 

🔻いたばしものがたりFacebookページ(総合案内)

🔻「いたばしものがたり」を運営する ちいくタイムTwitter(総合案内)

身近な“まちの歴史”を、区内外と、次につながる多く世代にひろく伝えていけたらと考えています。

FacebookやTwitter、Instagramアカウント等をお持ちの方には、当イベント情報をシェアいただき、ご友人やフォロワーの方々にお知らせいただけますと大変うれしく思います。

The following two tabs change content below.
ちいくタイムinfo.

ちいくタイムinfo.

2016年12月、「照姫伝説」プロジェクト企画立ち上げと共に活動を開始。まちの歴史とものがたりを次世代につなぐ「いたばしものがたり」「回想プロジェクトTOKYO 」やってます。
いたばしものがたり〔第三話〕板橋宿ものがたり

この記事をシェアするボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。