家で眠っている食品を地域で循環する仕組み「フードドライブ」板橋区編

「フードドライブ」って知ってる?

フードドライブ」とは、家庭で余っている食品等をみんなで持ち寄って、地域の福祉団体や施設などに広く提供する活動のこと。知ってました?!

自分もなんとなく、聞いたことはあったんんだけど、「フードドライブ」って言葉にはまだ馴染みを持っていませんでした。

板橋区では平成28年度からスタート

板橋区内で、「食品ロス(まだ食べられるのに捨てられている食品)」の削減と食品の有効活用のため、平成28年度から実施がスタートしたんですってね。知らなかった!!!!

まだ始まって間もない活動なのですね〜。

提供された食品はどうなるの?

平成29年度には、初の試みで、赤塚地区の農業まつり会場で「フードドライブ」の受付が実施されたそう。当日は、缶詰やインスタント、レトルト食品、調味料や尾菓子、米などの提供が区民よりあったようです。

その際に提供された食品等は、「NPO法人セカンドハーベスト・ジャパン」によって、食品を必要としている団体や個人へ届けられたと報告されています。

こういった板橋区の取り組み、どんどん広がって行き、食べることに困っている人の元へ広く届けられていくといいですね。 一人一人のちょっとした協力で、大きな活動として継続されていくといいな!

「子ども食堂」など地域活動にも活かしていけるといい循環が起こりそうですね( ´∀`)

今年度の活動は?

そして、今回、「平成30年度フードドライブ」の食品の受付イベントが以下の日程で開催されています。

平成30年9月27日(木曜日)/平成30年10月4日(木曜日)/平成30年10月5日(金曜日)/平成30年11月2日(金曜日)/平成30年11月13日(火曜日)/平成30年11月14日(水曜日) (板橋区HP より)

どんな食品が提供できるの?

提供OKの食品は以下の通り。

●インスタントラーメン・カップ麺 ●米(国産米で精米から2年以内 精米日が確認できるもの) ●缶詰(肉・魚・野菜・果物など) ●乾物(海藻・高野豆腐・しいたけなど) ●粉物(小麦粉・片栗粉・パン粉・ホットケーキミックスなど) ●乾麺(パスタ・うどん・そば・そうめん・冷麦・春雨など) ●調味料(食用油・醤油・味噌・砂糖など) ●レトルト食品(冷凍・冷蔵食品を除く/カレー・シチュー・スープ・米飯など) ●菓子(せんべい・スナック菓子・ビスケット・飴・チョコレート・グミなど) ●飲料(アルコール類を除く/インスタントコーヒー・紅茶・日本茶・ココア・缶ジュース・缶コーヒーなど) (板橋区HP より)

人が口にするものなので、条件は厳しくはなっています。条件は以下の通りです。

 [1]未開封で、包装や外装が破損していないもの [2]びん詰めではないもの [3]賞味期限がフードドライブスケジュールに示す賞味期限以降で、明記されているもの。 (板橋区HP より)

今後の「フードドライブ」食品受付イベント

今後開催される「フードドライブ」食品受付開催イベントを以下にまとめています。

お住いの近くで開催の機会に是非、おうちで眠っている食品のご提供、お時間ある方はいかがですか。

The following two tabs change content below.
まゆみん

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。結婚妊娠を機に、板橋区志村三丁目に引っ越してきて、以降6年間の板橋子育てライフを体験。最初は、知り合いも友達もいなく、行き場所は児童館かスーパーか、近所の公園か、くらい。もっと板橋区での子育てを楽しみたい!と自転車で30分圏内のあらゆる子育てスポットを見つけては訪れての日々を過ごしました。意外と知られていないけど、こんな楽しいスポットあるよ♪のような、日々の子育てにプラスアルファの「ワクワク」をお届けしたいなと思っています!

この記事をシェアするボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。